弁理士青木修ウェブサイト
弁理士によるソフトウェア・海外の知財実務情報-ソフトウェア特許米国特許中国特許など-
**弁理士青木修はオーブ国際特許事務所(東京)にいます**

欧州特許条約・指定国へ提出する翻訳文の言語


主要国の翻訳文言語

加盟国のうちの主要国に関して、以下に示します(2005年9月調べ)。

英語でOKな国は、イギリスとアイルランドのみ。

一方、ドイツ語がOKな国は、ドイツ、オーストリア、ベルギー、スイス。

フランス語がOKな国は、フランス、ベルギー、スイス。

翻訳のみの観点では、イギリスおよびアイルランドを指定しない場合には、ドイツ語かフランス語で欧州出願(EPC出願)をしたほうがトータルの翻訳代が安く済む可能性があります。ただし、特許になるまでの欧州特許庁とのやり取りの書面がドイツ語かフランス語になるので、別の意味で難点はあります。

指定国 (英語名) 翻訳言語(国内言語) 翻訳提出期間 誤訳訂正可能?
オーストリア Austria ドイツ語 通常(3ヶ月) Yes
ベルギー Belgium フランス語・オランダ語・(ドイツ語 通常(3ヶ月) Yes
デンマーク Denmark デンマーク語 通常(3ヶ月) Yes
フィンランド Finland フィンランド語 通常(3ヶ月) Yes
フランス France フランス語 通常(3ヶ月) Yes
ドイツ Germany ドイツ語 通常(3ヶ月) Yes
ギリシャ Greece ギリシャ語 通常(3ヶ月) Yes
アイルランド Ireland 英語 6ヶ月 Yes
イタリア Italy イタリア語 通常(3ヶ月) Yes
オランダ Netherlands オランダ語 通常(3ヶ月) Yes
ポルトガル Portugal ポルトガル語 通常(3ヶ月) Yes
スペイン Spain スペイン語 通常(3ヶ月) Yes
スウェーデン Sweden スウェーデン語 通常(3ヶ月) Yes
スイス Switzerland ドイツ語フランス語・イタリア語 通常(3ヶ月) Yes
イギリス United Kingdom 英語 通常(3ヶ月) Yes

(追記)ロンドンアグリーメントが一部の締約国に適用されます(2008年5月1日発効)。


サイト内関連情報


(最終更新日:2008.5.16)

<<1つ上へ戻る